「Hearty通心」vol.7|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。

おすすめランキング
優光泉レギュラー

一人でも多くの方に元気で、笑顔になってもらいたいそんな想いを込めて開発した本物の酵素飲料です。

優光泉PREMIUM

「優光泉PREMIUM」は通常の「優光泉」より数倍の野草や薬草を使用して仕込んだ特別な酵素飲料です。

優光泉ハーフ2本セット

「優光泉ハーフ2本セット」はレギュラーボトルよりも、小ぶりで扱いやすいハーフサイズです。

hkt

ブログ

エリカきれいアンテナ

お問い合わせ

会社概要

定休日カレンダー

2017年08月

303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

2017年09月

272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

facebook

「Hearty通心」vol.7

わたしたちのお気に入り

パウダー洗顔料
クレンチームS(酵素洗顔料)
価格 2,000円(税込2,160円)

※商品の詳しい情報はこちらをご覧ください。

自然豊かな南国で、太陽の光を
たっぷり浴びて育ったパパイヤの酵素を
配合した洗顔料です。

お肌表面の古い角質や、
毛穴に隠れた汚れをやさしく分解して落とします。

もちろん、香料や着色剤は不使用!
酵素のチカラがイカされているから、
お肌が敏感な方や、思春期のデリケートな
お肌にも安心です。

メイク落としにもなるのでとっても便利です♪ とにかく洗い上がりがすっきりします。それでいて乾燥もしません。 思春期の娘が使ってニキビにも良かったみたいです。 洗顔後の化粧水の浸透がとても良いです。

数年前にこちらの酵素飲料を使い5kg程の減量に成功。
定期購入も一度やめ、しばらく酵素から離れていたのですが、
最近またじわじわと体重が増えてきたので再度購入しました。

しばらく優光泉から離れている間に他社の色々な酵素も飲みました。
味もそれぞれ違いますし、中には身体がやたらと冷える物も。優光泉は「飲みたい!!!」って身体が自然と求めるんです。

不思議ですね、そしてなんといっても空腹感に悩まされない!
他社と何がちがうのか詳しくはわかりませんが、とにかく身体が求める味で美味しいって心底感じるんですよ。

お菓子が大好きなのですが、優光泉を飲んでいるとお菓子もあまり求めなくなるんです。梅味にレモンを数滴、炭酸割りで飲んでいます。

【webスタッフ】エンドュー

再度、優光泉をお求めいただきましてありがとうございます。 お客様から優光泉を飲んでいるとお腹が減らないという声をよくいただきます。

優光泉は完全無添加で添加物や香料なども入っておらず、
シロップ類で薄めておりませんので栄養も摂れて無理せず断食が出来ます。

名前の由来は、冬に収穫するという意味ではなく、貯蔵性が高く、夏に収穫したものでも冬まで持つと言う意味からだそうです。(実際にはそこまで日持ちがするわけではありません。)
一般的な瓜の旬である夏になります。6月頃から9月頃まで。薄味でさっぱりした食感にあり、夏に味わいたい食材です。

冬瓜自体95%が水分な上、カリウムを多く含みます。これにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があるので、高血圧に効果があると言えます。
また、肌の健康維持や風邪などに対する抵抗力を高めるビタミンCを含んでいます。

冬瓜を選ぶときは、表面に傷や傷みが無いか、緑色は濃く鮮やかな色をしているかを見ます。持った時に重い方を選びましょう。
カットされているものは、切り口がみずみずしく真っ白なものを選びましょう。種の部分までしっかりと詰まっているものを選びます。種の周りがスカスカしているようなものや、茶色っぽく変色しているものは避けます。

冬瓜派は非常に貯蔵性が高い野菜なので、風通しのよい冷暗所に置いておくだけで数カ月は大丈夫です。

●かぼちゃと冬瓜の蒸し煮●

材料

かぼちゃ・・・170g
冬瓜・・・120g
日本酒・・・大さじ2
味噌・・・小さじ1
生姜・・・1かけ
茗荷・・・1本
ごま油・・・少々

(作り方)
①生姜と茗荷はせん切り、かぼちゃは種をとり
ひと口サイズに、冬瓜は皮を剥いて種とワタをとり
ひと口サイズに切る。
②かぼちゃに大さじ3の水を加えて蒸し煮にする。
③冬瓜と日本酒で溶いた味噌を加えて蒸
し煮にする。
④茗荷と生姜を添えれば出来上がり。

熱中症を防ぐには?

熱中症を防ぐには、水分補給やこまめな休憩も大事ですが、それ以前に普段の生活習慣を整えて、
熱さに負けない身体づくりも大切です。
・夜はしっかりと睡眠をとり、朝目覚めたら日光を浴びる
・緑黄色野菜を積極的に摂る
・冷たいものばかり摂って身体を冷やさない

といったことを心がけましょう。

編集後記

<< Hearty通信バックナンバーに戻る