"

「Hearty通心」vol.73|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。


パスワードをお忘れの方はこちら

定休日カレンダー

2021年03月

28123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

2021年04月

28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

「Hearty通心」vol.73

2月は全国生活習慣病月間です。 健康なカラダを意識しましょう! 悩んでませんか?女性にありがちな「なんとなく不調」

気づけばずっと「なんとなくキツイ」ということはありませんか?仕事に家事、毎日大忙しの20~40代の女性の中にはそんな悩みを抱える方が少なくありません。その原因のひとつが自律神経の乱れ。頭痛、肩こり、冷え、不眠などになりがちです。病院に行くほどではないけれどなんだか不快な症状に悩まされているなら、まずは食生活を整えてみましょう!

「なんとなく不調」改善のために自律神経を活発にする飲食の改善からやってみましょう! 日常の飲食のありかたを少し見直して健康・美容をキープ。

朝起きたら冷水を飲む

休んでいた脳と体と腸が目覚めます。水分補給することで滞った血液の流れを促す効果もあります。

体を温める食材をとる

冷えは頭痛や肩こり、便秘や下痢の原因になります。血行をよくする食材をとって、体の中から温めましょう。

甘いものも少しは摂る

甘いものを制限しすぎると反動のドカ食いが危険。甘いものを食べる日も設けましょう。ただし、摂りすぎには注意しましょう。

コーヒーなどを飲む時間に注意

カフェインは、摂取後、約30分で覚せい作用が起こり、3~6時間持続します。しっかり睡眠をとりたいなら、夕方以降摂取を控えた方が良いでしょう。

黒い食材を食べる

黒ゴマや黒豆、黒米などの黒い食材には、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富。抗酸化作用もありますので若々しさのお手伝いをします。

そして中でも
発酵食品を積極的にとる

発酵食品は微生物の働きによって栄養素が分解されているので、消化の負担が少なく、身体にやさしい食品です。さらに、発酵食品に含まれる乳酸菌や酵母菌が腸内を弱酸性に保って、悪玉菌が善玉菌より優位になるように働きます。

発酵食品ってすごい!カラダに発酵のチカラを取り入れましょう!

発酵とは・・・?

発酵とは人間にとって有効な微生物が働き、物質を分解させることを指します。見た目や味が変わる点で「腐敗」と似ていますが、まったくの別もの。肉や魚などがアンモニア臭を出して食べられなくなるのが腐敗で納豆などのように形状が変化しても食べられるのが発酵です。

発酵に関わる3大微生物

発酵には、主に3種類の微生物が関わっています。

カビ

麹菌(日本酒、醤油、味噌)
青カビ、白カビ(チーズ)
カツオブシカビ(鰹節)

酵母菌

酵母菌
(優光泉、酒類、パン、
醤油、味噌)

納豆菌

乳酸菌(ヨーグルト、漬物)
酢酸菌(酢)
納豆菌(納豆)

これはすごい!発酵パワー!

栄養価を上げ、うまみを引き出す。

食品が発酵すると体に有益な成分が増えます。例えば、ゆでた大豆と納豆を比較すると、納豆のほうがビタミンB2は7倍、葉酸は3倍、ビタミンKはなんと85倍も多く含まれています。また、酒やみりんは、麹菌によってデンプンが分解されるため深い甘みが生まれます。同様に、たんぱく質が分解されると、グルタミン酸やイノシン酸といううまみの成分になります。このように、栄養素も旨みも大幅に向上するのです。

ヒトの腸内環境を整える

多くの発酵食品には有用な菌がたくさん含まれます。例えば、漬物に含まれる乳酸菌を摂取すると、ヒトの腸内にいる善玉菌の働きを助け、腸内環境の改善・代謝アップに繋がります。納豆に含まれる納豆菌や酵母菌は善玉菌をサポートし、腸内バランスを整えてくれます。

人参の塩麹炒めの写真
発酵食品でさらに旨みが際立つ一品です!
人参の塩麹炒め

【2人分】
人参…120g、オリーブ油…小さじ1、
塩麹…小さじ2、あらびき黒胡椒…適量

【作り方】
①人参は皮をむき、ピーラーで長細く麺状に
 スライスする。
②フライパンにオリーブ油を加え、人参を炒める。
③火が通ったら塩麹を加えて、
 黒胡椒で味をととのえる。

優光泉のお得なお役立ち情報をお届けします

LINE,instagram,twitter,Blog:QRコード

<< Hearty通信バックナンバーに戻る