優光泉酵素ドリンクのこだわり|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。


パスワードをお忘れの方はこちら

定休日カレンダー

2019年11月

272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

2019年12月

24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

酵素ドリンク・断食の優光泉TOP > 優光泉酵素ドリンクのこだわり

九州産の野菜を中心に、野草・薬草・海藻・穀物・果物など60種類の材料を木の樽で熟成発酵。陰陽のバランスを考えて野菜や穀物を多めに配合しておりますので、酵素飲料に多い陰性に偏ることもなく中庸に近い状態になっており、身体が冷えこともありません。

「優光泉酵素」はコップ一杯に九州産旬野菜の恵みを丸ごと濃縮した高濃度栄養食品ですので、野菜不足の方はもちろん小さなお子様からお年寄りまで安心してお召し上がり頂けます。

大根・キャベツ・トマト・きゅうり・りんご・にんじん・じゃがいも・パイナップル・スイカ・キダチアロエ・いちじく・すもも・ぶどう・イチゴ・さつまいも・かぼちゃ・里芋・レンコン・生姜・ごぼう・レモン・昆布・山芋・パパイヤ・メロン・あんず・もも・スギナ・ヨモギ・菜の花・あけび・かりん・せり・しいたけ・まくわうり・とうがん・みつば・もやし・クマザサ・ぐみ・キウイ・梅・びわ・きんかん・つわぶき・ 柿の葉・しそ葉・米・大豆・小豆・はとむぎ・粟・キビ・松葉・松樹液・杉樹液・桧樹液・わかめ

  •  一般的に酵素ドリンクと言うと、酵素がたくさん含まれていて、酵素を摂取するものと思っておられる方がおられます。もちろん、酵素も含まれており、摂取することはできますがこれがすべてではありません。基質特異性といって酵素はそれぞれひとつの働きしかできないのです。

     それより大切なのは、「酵母によって熟成発酵させている発酵食品である」ということに大きな意味があります。「優光泉酵素」の中には、60種類もの野菜・果物・海藻・野

  • 草・穀物・樹液などが含まれています。

     本来、この酵母菌がいなければ、酵素が分泌されることがなく、発酵することもありません。酵母菌が分泌する酵素の働きによって、上記の原材料の栄養素を抽出し、分解し、わたしたちの体内で吸収しやすくします。


  •  このように酵素飲料とは、酵母菌の働きによって熟成発酵させることに大きな意味がありますし、酵素飲料と言われる理由です。「優光泉酵素」には体の活力になる糖質、各種ビタミン、ミネラル(カルシウム、ゲルマニウム、鉄、ナトリウム、リン、カリウム、他)アミノ酸など体に不可欠でしかも現代人に不足がちな栄養がバランスよく含まれています。

     各種栄養素が天然の形で含まれている純植物性の総合エキス(

  • 植物性飲料)で、重金属を含まない安全性の高い理想的な発酵食品です。実は、わたしたちの体内の細胞では常に数千種類の酵素を製造し分泌しています。この酵素は24時間体制で体内の化学反応すべてに関与しており、酵素が働かなくなったら、私たちはすぐに死んでしまいますし、消化、吸収、代謝や食べ物や飲み物の分解、浄化、細胞の生成などなど、体内の働きすべてが体内酵素の働きによると言われております。


  •  本来は私たちが毎日摂取する食物が体内酵素の原材料となりますが、その食物に含まれる微量栄養素が農薬や化学肥料、添加物、薬品などによって破壊され、摂取することが困難となっています。

     その上、食べ物や飲み物に含まれている保存料・着色料・香料・塩素などに代表される化学物質は身体の中にある体内酵素をどんどん破壊してしまいますし、排気ガスや大気汚染など空気中にある化学物質も体内酵素を壊す原因となりますので、酵素は摂取しにくい上に身体の中から減り続けているのです。

     それを補うのが酵素飲料のおもな役割なのです。補足になりますが、

  • このような体内での酵素製造を助ける大きな要因のひとつが「断食」により内臓を休めることにあります。人間の体内で作られる酵素は大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられますが、消化酵素を大量に使ってしまうと代謝酵素の製造に回される量が減ってしまうのです。

     断食をせずに栄養補給としてお飲みいただくだけでももちろんいいと思いますが、断食をするのと同時に、体内で吸収しやすい熟成発酵させた栄養素や良質の酵母菌を「優光泉酵素」で補給することにより、人体が本来持つ数千種類の酵素製造パワーを発揮しやすい環境をたまには作ってあげる、ということも大切なのです。