"

「Hearty通心」vol.67|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。


パスワードをお忘れの方はこちら

定休日カレンダー

2020年09月

303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

2020年10月

27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

「Hearty通心」vol.67

今こそ免疫UP!夏こそ元気に過ごしましょう!

夏の疲れが溜まって活力が落ちていませんか?食欲もなく「食べないからダイエットにはちょうどいい」なんて思っていたら大間違い!疲れは美容や健康の大敵です。熱中症対策や美容のためにも栄養をしっかり摂り、「身体に良いこと」を心がけましょう。特に、ウイスルに負けられない今はしっかり免疫力を上げていきましょう!

1年でもっとも「免疫力が低下」する季節。
免疫力は季節の移り変わりで変動します。「冬になると風邪をひくし、冷え性にもなりやすいから、夏よりも冬の方が免疫力が落ちやすい」と思っていませんか?
実は、一年でもっとも免疫力が低下しやすいのは『夏』なのです。そもそも動物※1は、冬の寒さに備え、秋に栄養をため込もうとする性質が備わっています。春と夏はその貯めたエネルギーを放出するので、身体は「夏枯れ」の状態になってしまうのです。
環境がさらに「免疫力低下」に拍車をかけます。
室内と外気の温度差で体温を調節する役割の自律神経のバランスが乱れ、これがさらなる免疫力低下につながってしまいます。また、免疫力は睡眠で回復しますが、熱帯夜で寝苦しい日が多いため睡眠不足に陥りがちなので悪循環になるわけです。

免疫力アップのヒント

トラブルの原因から身体を守り、健康を維持するための免疫力のキーとなる「自律神経」の働きを正常にキープするために、まずは生活習慣を見直してみましょう。

1.身体を動かす
1日に10分程度の体操をする習慣をつけましょう。少し汗をかく程度の散歩でもOKです。
2.食事
免疫機能の維持には、良質なタンパク賃、ビタミン、ミネラルが必要です。
3.睡眠
きちんと眠れば、副交感神経が優位に働きます。昼間は交感神経が優位になり、眠気も抑えられます。
4.身体を冷やさない
体温が高いとリンパ球が活性化し、免疫機能が高まります。

夏の元気をキープ 足ツボマッサージで元気!

夏の疲れで食欲不振のときは、ツボマッサージが効果的。とくに胃腸の働きが低下することで起こる食欲不振には、足のツボマッサージが有効です。ツボマッサージを実践して、健康的に暑い夏を乗り切りましょう!

①大敦(だいとん)
イライラ、だるさ
②隠白(いんぱく)
食欲不振
③大都(だいと)
食欲不振、胃腸炎
④行間(こうかん)
目の疲れ、高血圧
⑤太衝(たいしょう)
吐き気、胃痛、過食、下痢
⑥厲兌(れいだ)
食欲不振、歯痛、膝痛
⑦足竅陰(あしきょういん)
頭痛、耳鳴り
⑧至陰(しいん)
頻尿、膀胱炎
⑨内庭(ないてい)
過食、歯痛
⑩足臨泣(あしりんきゅう)
肩凝り、頭痛
夏の元気を応援レシピ 弱った胃にはやさしく・無理なく食べられるレシピを!
胃にやさしい「大根とキノコのおかゆ」

胃が疲れているときはココは注意!
1.刺激が強いものは避けましょう
2.外食やコンビニ食は控える
3.カフェインやアルコールは避ける

【材料(2人分)】
玄米(炊飯済み)茶碗軽く1杯分、水800ml、塩小さじ1/3大根5~6cm、エノキ1/2袋、卵1個、大根葉(またはミツバ:刻み)大さじ2

【作り方】

  • ①:大根は皮をむき、1cm角に切る。鍋に水、塩と共に入れて中火にかける。煮たってきたら玄米を加え、弱火で15分コトコト、ご飯が3倍くらいになるまで煮る。焦げ付かないように1~2回、木ベラで鍋底をこするように混ぜる。
  • ②:エノキは石づきを切り落とし、長さ1cmに切り、根元は食べやすい大きさに分ける。卵は溶きほぐす。
  • ③:①にエノキ、刻み大根葉を加え、軽く混ぜる。溶き卵を加えて火を止め、円を描くように混ぜる。器によそい、お好みで塩を振る。

優光泉のお得なお役立ち情報をお届けします

LINE,instagram,twitter,Blog:QRコード

<< Hearty通信バックナンバーに戻る