「Hearty通心」vol.56|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。


パスワードをお忘れの方はこちら

定休日カレンダー

2019年11月

272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

2019年12月

24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

「Hearty通心」vol.56

「秋バテ」ってご存知ですか・・・?その疲れ、もしかして「秋バテ」かも?!

夏から秋へ、少しずつ涼しくなり過ごしやすい季節になると思っていたのに、雨の日も多く、気分も落ち込みがちに…そんな感覚はありませんか?この季節は台風の襲来で気圧が乱れたり、日中は真夏のように暑い日もあれば、肌寒い日もあったり、朝晩は急に冷え込むなど、気温も安定しません。このような時期には、気温の変化に身体がついていけずに、疲れが抜けなかったり、めまい・肩こりといった様々な体調不良を感じる人も多いようです。

冷房による外気との温度・湿度の差や、猛暑による急激な気温の変化に体がついていけないと、ストレスが溜まり、自律神経が乱れる原因になります。さらに冷房や冷たい飲み物(食べ物)により体が冷えることで、血の「めぐり」が悪くなったり身体に負担をかけてしまうのです。

秋頃の体調不良や不調(秋バテ)の経験グラフ:あった18.8%、あったように感じる34.0%、わからない37.5%、なかった9.8%

あるリサーチ調べによれば、秋頃の体調調査で約半数の(52.8%)が
秋頃の体調不良や不調(秋バテ)を経験している結果となったそうです。

「秋バテ」の症状とは?寝不足・疲れやすい・腹痛

  • ・疲れやすくだるい
  • ・食欲がない
  • ・よく眠れない
  • ・立ちくらみやめまいがする
  • ・頭痛や肩こりがつらい
  • ・便秘や下痢をするれない

などの症状が出ます。

カンタンにできる「秋バテ」改善策

1.飲食で改善
朝に1杯の白湯を飲むのがおすすめです。体内から体を暖めることで、血行を良くし、代謝や免疫力がUP!食べ物をよく噛んでゆっくり食べるのもいい様です。豚肉や納豆などはビタミンB1が豊富で自律神経を整える働きがあり、サツマイモやカボチャ、きのこ類なども免疫力を高めるのに効果的なのでこの季節におすすめ食材です。
2.軽めの運動を行う
汗をかかないと体温調節が上手くいかず、自律神経が乱れます。毎日30分程の散歩などを続けることでも自律神経の機能が回復してきます。また、1日の終わりや、仕事中にマッサージやストレッチで体のコリをほぐしてあげるとリラックスにもなり効果的です。
3.ぬるめのお湯でゆっくり入浴
日頃、シャワーだけで済ませていた方は、37~39℃の湯船にゆっくりつかるようにしましょう。
入浴中のリンパマッサージは、温熱効果で血のめぐりがスムーズになり、老廃物も一緒に流れます。
副交感神経が優位になり、代謝が上がります。
また、疲れも取れて夜もぐっすり眠れるようになるでしょう。
4.睡眠をしっかりとる
自律神経が乱れやすい秋は睡眠のコントロールが悪くなりがち。部屋の明かりを消して、リラックスして床にはいるようにしましょう。ラベンダーやカモミールなどのアロマをコットンに2、3滴たらして、枕元に置いて寝るのもおススメです。朝起きたら、カーテンを開けて、太陽の光を浴びて、体を目覚めさせましょう。

秋バテに!甘辛味噌だれとレモンのさっぱり感!エリンギとさつまいものレモン味噌炒め

甘味と旨みが豊富なさつまいもと辛味のあるししとうを、芳醇な味噌タレと
酸味のあるレモンで炒めた、秋バテなどの疲労の回復を高めてくれる料理です。

【材料(2~3人分)】調理時間:8分
エリンギ(250g)、さつまいも(細長・300g)、ししとう(10本)、生姜(1かけ)、レモン(1個)、塩(小さじ1/3、少々)、こしょう(少々)、酒(大さじ1)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1と1/2)、醤油(大さじ1と1/2)、味噌(大さじ1)、サラダ油(小さじ2)
【作り方】
  • ①皮をむいてすりおろした生姜、酒、みりん、砂糖、醤油、味噌を合わせて、味噌たれを作っておく。
  • ②ししとうはヘタを切り落とし、2/3ほど切りひらいて 種を取り除く。さつまいもは皮の汚れを落とし、 1cm幅の輪切りにして塩水に3分浸しアク抜きする。アクを取ったら水切りし、キッチンペーパーで水気を拭き取る。レモンは輪切りにしておく。
  • ③熱したフライパンにサラダ油を入れ、さつまいもをフライパンに並べて塩とこしょうを振る。弱めの中火で炒め、さつまいもが透き通ってきたら取り出しておく。
  • ④さつまいもを取りだしたフライパンでエリンギを炒める。8割程度火が通ったら さつまいもを戻し、味噌たれをまわしかけ、弱めの中火にかける。
  • ⑤木べらで混ぜ合わせながら、煮汁が少なくなるにつれて火を弱めていく。
  • ⑥煮汁が少なくなったら ししとうとレモンを加え、弱火にして、ししとうに火が通ったら 火を止める。
  • ⑦お皿に盛って出来上がり。

優光泉のお得なお役立ち情報をお届けします

LINE,instagram,@cosme,Blog:QRコード

<< Hearty通信バックナンバーに戻る