「Hearty通心」vol.43|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。


パスワードをお忘れの方はこちら

定休日カレンダー

2019年11月

272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

2019年12月

24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

「Hearty通心」vol.43

夏真っ盛り!夏バテ知らずのマクロビパワー

夏バテとは、高温多湿な気候が続くことで起きる体調不良のこと。暑さの他にも、紫外線や冷たいものの摂り過ぎなど、さまざまな要因が影響することも。その中でも、現代人は「室内外の温度差」によりバテてしまう人が急増!

外はうだるように暑いのに、室内に入ると冷房がガンガンに効いて涼しい。暑いからと言って、冷たいジュースやアイスばかり摂取してしまう。そんな急激な気温差は体力の消耗や内臓の冷えを引き起こし、だるさや胃腸の不調などの夏バテ症状の要因になってしまいます。

高い栄養を含んだ食材で、夏バテで弱った体力を回復!今回おすすめしたい食材は「白いんげん豆」と「厚揚げ」。漢方や中医学では食欲不振や下痢に良いとされる白いんげん豆。食物繊維やビタミン類などの栄養成分のほか、免疫力を高めるレクチンという成分も含み強い体を導いてくれます。豆腐から水分を抜いて作る厚揚げは、豆腐の5倍のたんぱく質と3倍の鉄分など丈夫な体を作る栄養価が凝縮。ボリュームもあるのでお肉の代用としても◎。

(準備するもの)
白いんげん豆…50g
厚揚げ…2枚
じゃが芋…4個
玉ねぎ…2個
セロリ…1本
水…200ml(少なければ足してください)ローリエの葉…1枚
コンソメ…1個(好みにより1.5個)
塩こしょう…少々、(または鶏ガラスープの粉)
酒…少々
(レシピ)
● じゃが芋の皮をむき、1/4に切る。
● 白いんげん豆を水に半日つけておく(急ぎなら1,000mlのぬるま湯につける)
● 新しい水にして、強火で煮立てる(さし水300mlを数回繰り返しながらしばらく煮込む)
● 一度お湯捨て、水を新しくし、重曹を加えて、弱火で煮る40分くらい煮立てる(豆が浸っている位の水分量で。水が足りない場合は足す)
● 豆が煮えたら自然に冷やす。(皮が破れやすいため使う直前まで漬けて置いてください)水を切って使う。
● じゃが芋準備。皿に入れ、ラップしレンジで加熱する(500Wで8~10分)
● セロリは10cm幅に細切り。※葉は最後に加えるのでとっておく。
● フライパンに油を引かず熱し、厚揚げに少し焦げ目をつけます。
● 玉ねぎ・セロリ・ローリエを酒を加えたお湯で煮て、砕いたコンソメを入れる(水分は調整しながら)
● 厚揚げ、じゃが芋と白いんげん豆を加える。
● 最後にセロリの葉を加え、塩こしょうまたは鶏がらスープで味をととのえ出来上がり!

白いんげん豆のスゴいパワー

白インゲン豆の含有成分「ファセオリン」には、免役活性化だけでなく、コレステロール値を低下する、血糖値の上昇を抑制するという機能が。糖尿病の予防や肥満防止にも最適です。

生活の知恵「健康編」生活の中でできる、夏バテ解消方法

温熱シートや腹巻きでお腹を温め、冷えを改善
冷房が効いている室内で長時間過ごすとお腹から冷えてしまい、腹痛を起こすことも。対策として、温熱シートや腹巻きを使ってお腹を温めましょう。臓器の働きを良くして温かい血液を全身に送り出します。腸を温めて活性化することで免疫力も上がり、健康増進にも◎。
お風呂はシャワーではなく湯船に入りましょう
暑い日にはついシャワーだけで入浴を済ませたくなりますが、寝付きをよくするためにはぬるめのお湯に浸かって体をじっくり温めることが大切です。血行がよくなり、だるさや疲労回復にも効果が期待できます。さらに湯船に浸かることでリラックス状態になり、夏バテの原因となる自律神経の乱れを整えることも。湯船の水圧にはマッサージ効果もあるので、冷房による冷えで生じる足のむくみも軽減してくれます。
炭酸入浴でさらに入浴効果アップ
夏のお風呂は暑いからイヤ…という方は、“炭酸入浴”がおすすめ。炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、炭酸が血管の拡張を促し、血の巡りを良くしてくれます。ぬるめのお湯でもその効果を発揮するので、特に暑い時期には最適。さらに短時間でも高い入浴効果を得られるので、長風呂が苦手な方にもピッタリの入浴法です。
質の高い睡眠も夏バテ対策には必要。入浴のタイミングも大切です。
人は、体の中心部の温度(深部体温)が高い状態から低い状態に下がる時に眠気を感じ、その落差が大きいほど寝付きが良くなると言われています。入浴によって深部体温を一時的に上げておくとその後体温は急降下し、強い眠気がやってきます。そこで、深部体温が下がるおよそ1時間前に入浴を済ませるとベスト。寝る直前や早過ぎる時間は避けると良いでしょう。 入浴はお湯の温度によって得られる効果が変わります。夏バテ解消には38~40℃のぬるめのお湯がおすすめ。副交換神経が働きリラックス効果を得られます。41~43℃の熱めのお湯は交感神経が刺激されて活動的になるので、かえって寝付きが悪くなることも。

優光泉公式Instagramフォロワー大募集!!

【yuukousen.official】または【#優光泉】で検索を!

<< Hearty通信バックナンバーに戻る