『姿勢クリエイター・パラリンピック公式トレーナー』花岡正敬さんと対談!【後編】|優光泉公式通販サイト

ID
Pass
IDにはご登録されたメールアドレスを入力してください。

おすすめランキング
優光泉レギュラー

一人でも多くの方に元気で、笑顔になってもらいたいそんな想いを込めて開発した本物の酵素飲料です。

優光泉PREMIUM

「優光泉PREMIUM」は通常の「優光泉」より数倍の野草や薬草を使用して仕込んだ特別な酵素飲料です。

優光泉ハーフ2本セット

「優光泉ハーフ2本セット」はレギュラーボトルよりも、小ぶりで扱いやすいハーフサイズです。

hkt

エリカきれいアンテナ

お客様の声

お問い合わせ

会社概要

定休日カレンダー

2017年02月

2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

2017年03月

2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

は定休日となります。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

facebook

今回は『姿勢クリエイター・パラリンピック公式トレーナー』の、
花岡正敬さんとの対談【後編】を公開します!
花岡正敬さんのプロフィールは前編をご覧ください!
>>前編はこちら
北島
ところで花岡さんは「姿勢クリエイター」として現在どのような取り組みをされているのでしょうか?また今後どのような展開をされるご予定なのかお聞かせいただけないでしょうか。
花岡
そうですね、『姿勢クリエイター』というのはただ「姿勢を直しましょう」という事ではありません。私は理学療法士というリハビリを行う資格と柔道整復師、あとアスレティックトレーナー、ピラティス、ヨガの資格を持っています。ですので施術も運動指導もどちらも専門なんですが、その中で「姿勢」を「クリエイト」しています。

例えば、右利きの方であれば体は徐々に右に傾いてきます。その状態だと呼吸も左右均等に吸えなければ、腸の動きも圧迫してしまいます。そのせいで基礎代謝が悪くなったりだとか、腸の動きが悪くなって便秘気味になる方もいらっしゃるんです。そういった方に姿勢を整える施術とインナーマッスルを鍛える運動指導をしています。その中でさらに優光泉酵素を使ってボディメイクができないか考えていまして、何例かテスト的に経過を見ているところですがその結果が非常にいいんです。
これって色んなところに必要とされていることだと思うんです。ただ酵素を飲む事ももちろん大事なんですが、さらにそれを高めていくとなると、姿勢を改善して、酵素を採って、体をリセットしていく事が非常に大事になると思っています。そこを今後力を入れてやっていきたいと思っているんです。
北島
なるほど。そのあたりの話は初めてお聞きしたのですが、確かにそうだと思います。
実際に優光泉を飲んでいただいているアスリート(女子プロボクサー)の方もいらっしゃいます。伺ったところ花岡さんもボクサーの方のトレーナーをされているそうですね。
花岡
はい。そこで感じるのが今の選手たちって栄養素が十分に採れてないことが多いんですよ。
例えば子供でも試合に来るときにコンビニ袋を下げて
トレーニングにくるケースがあるんです。
もちろん選手自身は栄養のバランスは考えていない。
だけどそのお母さんもあんまり栄養の事考えていないと思うんですよ。
本当に一日に必要な栄養素が採れているかは残念ですが非常に疑わしい。
そんな中でアスリートは酵素を栄養素の補給として摂取する必要があると思います。
そういう酵素の使い方を一つ、考えています。
あとはウェイトコントロールや体調管理ですね。
この二つがアスリートにとって非常に重要になると思います。

栄養素は無添加の物をできれば食事から自然に採るのが理想ではあるんですが、そうなると採らなくてもいいものまで摂取してしまう。
当然食事の量も増えてしまいますので、そのあたりを上手く酵素とアスリートを橋渡しをしながら、どの時期にどういったものを採れば良いかという中に酵素を入れていければと考えています。
特に選手は試合にピークを作らなければいけないので
栄養ってすごく重要なんですね。
北島
なるほどー。今お話を伺って、今後アスリートの方々に酵素が必要とされる時代が来たらいいなと思った次第です!
花岡
60種類もの食品の栄養を固形物で採るのは凄く難しいと思うので、栄養素が凝縮した液体であることもやっぱり重要だと思うんですよ。 選手たちも家族がいて食事をサポートしてくれればいいんですけど、一人暮らしだったり、海外に遠征に行く機会であったりとかすると「食事を作って食べる」事が困難になってきます。 そうなるとその場にあるものを食べるとか、特に海外遠征時は海外にあるものしか採れないという事になってきます。 それが一週間・三週間・一ヶ月となってくると知らず知らずのうちにコンディションが崩れてきたりするんです。 そこに栄養素の補充という事で酵素を取り入れていくとコンディション作りに寄与できるのではないかと思うんです。
北島
花岡さん、今日は貴重なお話し本当にありがとうございました! すごく参考になりました。
花岡
こちらこそ、ありがとうございました!

動画の視聴はこちら